2006年03月18日

Precious Memories / Alan Jackson (#4, 06/3/11)

PreciousMemories.jpg

Sales: 107,000
2002年の「Drive」の大ヒット以来、1位が定位置という感のあったアラン・ジャクソンだが、今回は10万枚そこそこのセールスで4位と低迷した。まあそれも実は仕方なくて、今回はゴスペル集という企画アルバム。日本にいるとゴスペルってのは黒人が教会で踊りながら歌ってるやつを想像するが、実はカントリー・アーティストが歌うゴスペル集というのもかつてはそんなに珍しいものではなかった。音楽用語ではゴスペルとは一般に黒人霊歌を指すが、gospelという言葉じたいはもっと広い意味をもっており、白人が歌うキリスト賛歌もゴスペルと呼ばれるようだ。
そんなわけで、これはいつもアラン・ジャクソンの作品とは明らかに異なるし、どこか飄々とした彼のキャラも、ここでは至って真面目だ。親しみやすい声、親しみやすいキャラはそのままだが、どこか神妙な感じがして、それはそれで微笑ましい。ピアノ、アコギ、曲によってオルガンが入るだけのごくシンプルな演奏に、教会で歌い継がれてきたシンプルな楽曲。たまーにこういうのを聴くと宗教に関係なく心が洗われたりもするが、やっぱり基本的にはキリスト教徒のためのものだろう。

If Only You Were Lonely / Hawthorne Heights (#3, 06/3/11)

IfOnlyYouWereLonely.jpg

Sales: 114,000
オハイオ州出身のバンド。インディでアルバムを1枚出しただけだが、ワープト・ツアーへの参加などを経てインディのバンドとしては破格のセールスを記録してきた。今回はニーヨのアルバムと発売がかぶるのがわかると、ニーヨのアルバムの売り上げ妨害と自分たちのアルバムを買うことをファンに呼びかけ、その結果が全米チャート3位という戦果に結びついた。
どちらかというと青臭いと言っていいぐらいのメイン・ボーカルと、叫びまくるサブ・ボーカルという構成はここ数年の流行パターン通り。まあ世間ではスクリーモと呼ぶのだろうが、ギターがうるさくてボーカルがひとり叫んでるティーン・ロックだ。位置づけとしてはテイキング・バック・サンデーやサーズデーの後輩か。その両バンドも全米レベルではまだブレイクしたばかりなので、ちょっとこいつらは成功が早すぎるんではないかという気はする。実際のところまだまだ荒削りなところが目立つ。叫ぶのが役目だからと意味もなくスクリームしてみました的なサブボーカルはウザいし、曲は全体的に暗い。確かに素人として眠らせておくにはもったいないぐらいの才能ではあるが、このジャンルの良質なバンドを一通り聴き尽くした人だけが聴けばいい代物だろう。
posted by しんかい at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | Rock: パワーポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

In My Own Words / Ne-Yo (#1, 06/3/18)

InMyOwnWords.jpg

Sales: 301,000
なんだか若者の音楽の区別がつかないオヤジみたいな発言でいやだが、本当に近頃の若者へのアッシャーの影響力の大きさには恐れ入る。こないだも「アッシャーみたい」を連呼しながらアルバムを紹介したが、このニーヨも、歌い回しも声質も似ている。自分で曲を書けるというのは大きいが、クリスティーナ・ミリアンやアシャンティの例を見ても、「もともと裏方でソングライターとして活躍していた才能に溢れる逸材」が必ずしもシンガーとしても長く成功するとは限らない。
と一通り否定的なことを書いたあとで。70年代ソウルのようなブルージーで重厚なイントロの「Get Down Like That」には素直にシビレた。軽い声質なので「Lovely Day」のイントロっぽい「It Just Ain't Right」みたいに軽めのアッパーな曲だとすごく映える。「Sexy Love」のように、普通ならもっとイヤらしいクワイエット・ストームな音作りにしそうな曲も、クーリーダンス風でズンズンと腹に響く重低音ビートに仕上げてるあたり、普通にレゲエを聴いて育った新世代という感じはする。平均点以上の曲ばかりが並んでいる、高品質な作品ではあるが、華には欠けるか。
posted by しんかい at 18:30| Comment(0) | TrackBack(3) | R&B: メインストリームR&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

Kidz Bop 9 / Kidz Bop Kids (#2, 06/3/11)

KidzBop9.jpg

Sales: 98,000
普通の音楽ファンには不思議な作品だが、このシリーズ、やたらと人気がある。ここ半年ぐらいのヒット曲を、わざわざ素人くさい子供たちがカバー(大人が歌う曲も多いが、サビで子供のコーラスが入る)。ヒット曲を聴きたいなら「NOW」でも聴けばいいのに、なぜかわざわざこういう「素人カバー版」が売れてしまう。これはもうひとえにマーケティングの勝利。小学生か、それ以下ぐらいの子供にターゲットを絞って、「一緒に歌うと楽しい」ことに的を絞っている。聴くための作品ではなく、一緒に歌う、参加する商品だ。従ってCDショップよりはおもちゃ屋で売るべき作品。きっと実際にもそうして売られているのだと思う。ご丁寧に「Axel F」で蛙のパートを歌ったり、「Feel Good Inc」では一応本物っぽいエフェクトをかけたボーカルで頑張ってたり、「Chariot」や「Speed Of Sound」のようなオトナっぽい、いかにも子供コーラスが似合わない曲もあるのだが、まったくお構いなし。違和感があろうがなんだろうがいいのだ、だって歌いたいんだから。
posted by しんかい at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | Children: 子供向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

Ghetto Classics / Jaheim (#1, 06/3/4)

GhettoClassics.jpg

Sales: 152,000
ゴージャスなアルバムだ。ジャヒームの3作目。デビュー当初からテディ・ペンダーグラスと比較されつつも、ちょっと小物感は否めなかったが、ずいぶんと貫禄がついてきた。今ならテディペンと比べても遜色はあるまい(ルックスでは勝負になってないのがイタいが)。
なぜかやけに「Ghetto」とタイトルにつけるのにこだわっているが(1st「Ghetto Love」、2nd「Still Ghetto」)、ラッパーたちが使うゲットーという言葉の響きとは随分違う印象だ。きっと、意識的にやっているのだろう。ゲットーってのは、ラッパーたちが喧伝してるような荒んだ場所ばかりじゃなくて、普通に生活する普通の人たちが大半(で、自分もそういう人間のひとり)なんだということを。だから「ゲットー」というタイトルはあまり気にしないほうがいい。ゴージャスな1曲目あたりを実際に試聴してみるのがいちばん。
テディペンをさらに少し甲高くしたようなボーカルは決して技巧的ではなく、むしろ音全体の雰囲気で聴かせるタイプの人だ。その、音が凄い。完全に自分の世界を確立している。ストリングスや女性コーラスをゴージャスに配した、豊かな音。そこに、ジャヒームのいわば「庶民的」なボーカルが乗るのがいい。豪華な音が厭味でなくなり、かといってアンバランスなわけでもない。この絶妙なバランスは見事だ。
割と似たタイプの曲が多く、何曲もシングルヒットを出すというよりはアルバム全体の雰囲気を楽しむべき作品。

ところで投稿日時点ではこのリンク先のamazon.co.jpでは、このアルバム(アメリカ盤)に2600円などという値段がついている。かつては大手輸入盤ショップを叩く材料としてamazonの価格を参考にさせてもらっていたのに、大手輸入盤ショップより1000円高いとは、実に嘆かわしい。価格改定されることを切望する。じゃないと本当にみんなアメリカから直に買っちゃうぜ(amazon.com価格は12.98ドル)。
posted by しんかい at 10:55| Comment(0) | TrackBack(1) | R&B: メインストリームR&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。