2006年03月18日

Precious Memories / Alan Jackson (#4, 06/3/11)

PreciousMemories.jpg

Sales: 107,000
2002年の「Drive」の大ヒット以来、1位が定位置という感のあったアラン・ジャクソンだが、今回は10万枚そこそこのセールスで4位と低迷した。まあそれも実は仕方なくて、今回はゴスペル集という企画アルバム。日本にいるとゴスペルってのは黒人が教会で踊りながら歌ってるやつを想像するが、実はカントリー・アーティストが歌うゴスペル集というのもかつてはそんなに珍しいものではなかった。音楽用語ではゴスペルとは一般に黒人霊歌を指すが、gospelという言葉じたいはもっと広い意味をもっており、白人が歌うキリスト賛歌もゴスペルと呼ばれるようだ。
そんなわけで、これはいつもアラン・ジャクソンの作品とは明らかに異なるし、どこか飄々とした彼のキャラも、ここでは至って真面目だ。親しみやすい声、親しみやすいキャラはそのままだが、どこか神妙な感じがして、それはそれで微笑ましい。ピアノ、アコギ、曲によってオルガンが入るだけのごくシンプルな演奏に、教会で歌い継がれてきたシンプルな楽曲。たまーにこういうのを聴くと宗教に関係なく心が洗われたりもするが、やっぱり基本的にはキリスト教徒のためのものだろう。

2006年02月11日

Your Man / Josh Turner (#2, 06/2/11)

YourMan.jpg

Sales: 102,000
うわー渋かっこいい。このバリトン声。アルバムのオープニングは往年のフーターズのような、トラッドな風合いの楽器をたくさん使って爽やかな疾走感のある曲。アップの曲は古典的なホンキートンク、スローはしっとりとメロディアスに、彼の「声」に魅了される。カントリーは、あの独特の節回しが苦手だという人は少なくないだろうが(かっこよくてギターも巧いブラッド・ペイズリーが、日本では「カントリー・ファン」以外にはウケない理由はこれだろう)、この人は本当にいい声をしていて、安心感を与える歌い方をしてくれる。「No Rush」の冒頭の語りなんかは、ちょっと聴いててモゾモゾしてしまうが。
セカンドアルバムにして2位というヒットになったのは、デビュー作「Long Black Train」にして既に名声を確立していたからで、2004年のカントリー・ミュージック・アウォードで既に注目される存在だった。デビュー当初からキリスト教がらみの題材が多いのも、アメリカのカントリー・リスナーには受け入れられやすい理由だろう。一方でそれは多くの日本人には「とっつきにくさ」になってしまうわけだが。でも「Me And God」なんて曲はバーズっぽいさわやかないい曲だったりもする。
どうせどんなにほめたところで日本で売れることは有り得ないのだが、アメリカでは作品を重ねるにつれ大物になると思われるので、注目しておいていいだろう。

2005年12月03日

Some Hearts / Carrie Underwood (#2, 05/12/3)

SomeHearts.jpg

Sales: 315,000
「アメリカン・アイドル」第4代優勝者のキャリー・アンダーウッドはカントリーの人。声やコブシのまわし方がちっとアギレラに似てる気がするが、曲調はだいぶ違う。
アメ・アイと言えば初代優勝者のケリー・クラークソンが大活躍中だが、音楽だけの力で彼女ほどのポピュラリティを得るのは難しいだろう。全米No.1ヒットとなったデビュー曲「Inside Your Heaven」なんかは普通のバラードだったが、このアルバムでははっきりとカントリー色を出してきた。これが単なるマーケティング戦略ではなく、彼女自身が志向した結果なのだとしたら潔いが、日本では売れないなあ。

2005年11月26日

The Road And The Radio / Kenny Chesney (#1, 05/11/26)

RoadAndRadio.jpg


Sales: 470,000
すげーなあ47万かー。ティムマグとアラン・ジャクソンがお休み中で、トビー・キースの存在感がちょっと薄らぐ中、ひとり勝ち状態。まったく相変わらず、夏男、リゾート男風のキャラのさわやか作品。冷静に聴いてこれって別にカントリーじゃないよなあ、という曲も半分ぐらい。それ以外とくに取り立てて書くこともないんだけど。これは!という名曲があるわけでもなく。もちろん出来が悪いという意味ではなく、全曲が偏差値60だ。アメリカの田舎町という、この音楽が聴かれるべき環境に置かれていない我々の接し方としては、掃除のBGMなんかいいかもしれない。
これで02年の「No Shoes, No Shirt, No Problems」から4作連続で1位(途中のクリスマスアルバムは除く)。

2005年11月12日

III / Joe Nichols (#7, 05/11/12)


III.jpg

Sales: 57,000

カントリーシンガー、ジョー・ニコルスのメジャー3作目。前作の26位から大幅にアップして初のトップ10入り。いかにもカントリーないい声をしているが、これといって特徴のある人ではない。まあオーソドックスで、安心して聴けるってのはカントリーでは大事なことではある。シングルになってる「Tequila Makes Her Clothes Fall Off」などでややコミカルな面も見せたりするあたり、キャラ的にはアラン・ジャクソンに近いのかな。声の良さは、スティーヴ・アール作品をじっくりと丁寧に歌う「My Old Friend The Blues」あたりで堪能できる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。