2005年12月03日

Comin' To Your City / Big & Rich (#7, 05/12/3)

CominToYourCity.jpg

Sales: 157,000
ビッグ&リッチってなんちゅう名前だ。最初はラッパーかと思ったよ。ところがこれがジョン・リッチとビッグ・ケニーのカントリー・デュオだったりする。リッチさんは元ローンスターなのでデビューといってもまったくの新人ではなかったわけだが、デビュー作の前作でブレイク、これが2作目。実が前作がぐんぐんチャートを上昇したのは、彼らが発掘した新人女性カントリーシンガー、グレッチェン・ウィルソンが大ブレイクしたのにつられる形ではあったのだが。
だいたいアップの曲ではギターがトワンギーに鳴り、ミドル〜スロー系の曲では素朴で美しいハーモニー・ボーカルを聴かせる。後者では70年代のシンガーソングライター物みたいな「Never Mind Me」なんかすごくいい曲だ。しかし彼らの持ち味はやっぱり豪快な前者。いわゆるカントリーよりは、サザン・ロックだと言ったほうがイメージは近いかもしれない。コミカルな曲が間に登場したり、飽きることなくかなりいい感じで終盤まで聴き進むのだが... 「8th Of November」でいきなりクリス・クリストファーソンが登場、なにやらナレーションを始める。そして...ああ軍歌だ。そして極めつけはアルバムのラスト「Our America」。I have a dreamだの平等だの自由だのとくすぐったい前口上に導かれ、高らかに歌われるのは... アメリカ国歌。あちゃー。「けっこういいアルバムじゃん」と聴き進めて、わき始めていた親近感が、さーっと引いていく。あーやっぱりこいつらは俺とは違う人種だー。
ただ、もういちど書くが「Never Mind Me」はほんといい曲だ。
posted by しんかい at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Country: カントリー・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。