2005年12月03日

Confessions On A Dance Floor / Madonna (#1, 05/12/3)

Confessions.jpg

Sales: 350,000
マドンナにとって6枚めのNo.1アルバム。もっと多いような気がするんだが、実は彼女には「最高位2位」が4枚もあったりするので。
今回はダンスミュージックばかりに的をしぼってることと、先行シングル「Hung Up」がABBAそのまんまだというのが話題。ABBAはそもそもサンプリングが嫌いなのでほとんど許可を出さないが、マドンナ直々のお願いじゃしょうがない、と珍しく許可したらしい。ま、ほとんどサンプリング部分しか耳に残らない話題作りのためだけの曲ではあるのだが、それでアルバムがこれだけ売れたんだから作戦としては大成功。
マドンナは「Vogue」にしても「Ray Of Light」にしても、最先端風の雰囲気を漂わせつつ、大衆向けにベタに仕上げるのが得意な人なので、今回もそういう曲満載。決して、クラブ系ばっかりだから普通にポップスを聴いてるリスナーにはとっつきにくい作品、というわけではなく、むしろ雰囲気的には70年代ディスコや、80年代のテクノポップを思わせたりもする。「Future Lovers」なんてミュンヘン時代のドナ・サマーだし。
しかし、あの年齢であの体形とダンスが凄いのはわかるんだが、どうしても気持ち悪さを感じてしまうのはなんでだろう。逆に、不自然だから気持ち悪いのだろうか。一時期のシェールみたいなもんか?
posted by しんかい at 13:44| Comment(9) | TrackBack(0) | Dance & Club: ダンス・ポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。