2006年02月18日

For Me, It's You / Train (#10, 06/2/18)

ForMeItsYou.jpg

Sales: 62,000
う、これはまずい。アルバムでいちばんキャッチーで、キラッと存在が光るのが「If I Can't Change Your Mind」。これがカバーなんだよなあ(シュガー、「Copper Blue」に収録)。オープニングを飾る「All I Ever Wanted」とか「All I Hear」とか、及第点の曲はあるんだけど。トレインの4作目。今聴くとマルーン5とボーカルが似てるなあ、なんて思ったり。どちらかというと骨のあるロックバンドという印象だったのだが「Drops Of Jupiter」みたいな曲がやたらと売れてしまったせいか、ミディアムテンポでストリングスとか使って歌詞も暗めの曲が多い。先行シングル「Cab」もピアノとストリングスをたっぷり使った叙情的なポップスだ。いや、別に、そういうのを求めて聴く分にはそこそこいいアルバムではあるのだが。
どちらかというとフィッシュとかワイドスプレッド・パニックとかの仲間だと見なされていた初期の頃を彷彿とさせる曲がラストに収録されたタイトル曲。彼らはどこへ向かおうとしているのだろう。
posted by しんかい at 00:12| Comment(24) | TrackBack(0) | Rock: メインストリーム・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

The Real Thing / Bo Bice (#4, 05/12/31)

TheRealThing.jpg

Sales: 227,000
ボ・バイスという名前の響きはなんか妙に違和感があるな。ボ・ディドリー、bo以来のボか。ケリー・クラークソン、キャリー・アンダーウッドとともにアメリカン・アイドル出身者。アメ・アイの中でひとり長髪にベルボトムでサザン・ロックをやってしまうような強烈な勘違い野郎で、オーディションを勝ち進んでいったのも賛否両論だったらしいが。
ジョン・ボンジョヴィ&リッチー・サンボラ(ボンジョヴィ)やチャド・クルーガー(ニッケルバック)が手を貸している、といえばどんな音か想像がつくだろう。ばりばりのサザンロックやってれば少しは好感をもってあげたのに、王道ポップ・ハードロックでした。ま、これでサザンロックやってもケニー・ウェイン・シェパードのB級品と言われるだけか。ややハスキーなボーカルは曲によって色んな人に似てるように聞こえて個性はまったくない。まあ可もなく不可もなく、というレベルであって、別に「不可」というわけではない。(←なんて冷たいレビューだ...)
posted by しんかい at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock: メインストリーム・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

Wherever You Are / Third Day (#8, 05/11/19)

WhereverYouAre.jpg

Sales: 63,000
クリスチャン・ロック・バンド、サード・デイの新作が8位に登場。彼らにとって初のトップ10入りとなった。どうも「クリスチャン・ロック」という分野は日本にいると情報入ってこないし、なんとなく「自分の聴くものではない」と敬遠してしまうのだが、このアルバムはあっさり聴き逃すのはちっともったいない。これはウォールフラワーズだ。ジェイコブ・ディランほどクセはないが、落ち着きのある渋いボーカルにシビレる。中庸ロックと一言で済ませることもできるが、いつの時代でも万人に受け入れられる普遍性をもった地味渋ロック。ストリングスをバックに冒頭から盛り上がりまくる「Carry On Cross」で、まず、彼らに対してもっていた「俺の聴く音楽ではない」という先入観が一掃される。3作目以降のフーティ&ザ・ブロウフィッシュみたいな「Communion」とか、タイトルを見るとちょっと引いちゃうけど、ぜーんぜん普通にいい曲の「Cry Out For Jesus」とか、「Love Heals Your Heart」とか、ミディアムテンポでメロディのはっきりした曲に佳曲が多い。「Rise Up」なんてめちゃめちゃいい曲やん。アメリカン田舎ロックが好きな人はぜひ聴いておくべき作品だ。
posted by しんかい at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock: メインストリーム・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。