2005年12月24日

See You On The Other Side / KoRn (#3, 05/12/24)

SeeYouOnTheOtherSide.jpg

Sales: 220,000
まあだいたいこの手のバンドのピークは3年ぐらいなわけで、彼らだけが例外的にいつまでもスゴい作品を出し続けてくれるんだなどと勝手な期待をしてはいけないのだが、一時期のカリスマ性は凄いものがあっただけに、こういう姿になってしまった彼らを見るのは辛いものがある。
ベスト盤を出して一区切りついて、ギタリストが脱退して、やってる音楽が決して時代の主流の音ではなくなり、彼らにとって厳しい環境の中でリリースされた作品。もうやることはやり尽くしてしまっており、このアルバムには何一つ目新しいところはない。ただ、それにしては頑張ってる、と評価すべき作品でもある。「なんか聴いたことがあるような曲」が並ぶのは事実だが、出来は悪くない。半分以上の曲でマトリックス(アヴリル・ラヴィーンやらヒラリー・ダフやらを手がけてきてる、あのマトリックス)が絡んでるという情報は悪夢のようだが、実は聴いてみて違和感はない。ファンキーな「Liar」では「Life Is Peachy」の頃のあの咆哮まで聴かせてくれる!
普通ならぐっと落ち目になって解散してもおかしくないタイミングだが、22万も売れて3位というのは充分に支持されてると言える数字だし、リンプ・ビズキットの急激な飽きられ方と比べると、KoRnってのは忠実なファンをたくさん持ったバンドなんだなーと思う。それにしてもジャケはキモい。
なお日本盤は「セキュアCD」なるプロテクトがかけられており、MacやiPodで再生できない(公称)のはもちろん、普通のCDプレイヤーでも再生できなかったという報告も中にはあるので要注意。
posted by しんかい at 16:49| Comment(0) | TrackBack(2) | Rock: オルタナティヴ・メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

Hypnotize / System Of A Down (#1, 05/12/10)

Hypnotize.jpg

Sales: 320,000
今年2作目のNo.1。前作「Hypnotize」の続編で、デジパックだと物理的にも2枚が合体できるようになっている。そんなわけなので前作とあまり雰囲気が変わらないというか、普通に2枚続けて聴ける。前作を聴いてもっと聴きたいと思った人は本作も聴けば良い、という内容だ。
という建て付けで、いわばこれは2枚組を2回に分けて発売した、前作と本作は対等の作品、ということになってはいるのだが、やっぱり前作のほうがインパクトもあるし、楽曲の出来もいい。正直、前作と本作は対等な関係ではなく、「Toxicity」と「Steal This Album!」の関係に近い気さえする。
と、否定的な書き方ではあるが、現時点では最高のロックバンドであるSOADがつまらない作品を出すはずはない。大マジメなのにどこかファニーな雰囲気の漂うハーモニー・ボーカル、次々に転調するスリリングな曲構成、なんだか妙に耳に残るメロディ、これが一体となって誰にも真似の出来ない独自の世界を築いている。唯我独尊。向かうところ敵なし。彼らの敵は、「セルフ・パロディ」に陥ること、すなわち自分たち自身だけだろう。
posted by しんかい at 00:43| Comment(0) | TrackBack(1) | Rock: オルタナティヴ・メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。