2006年02月18日

The Greatest Songs Of The Fifties / Barry Manilow (#1, 06/2/18)

GreatestSongsOf50s.jpg

Sales: 156,000
参ったねこりゃ。ロッド・スチュワートのオールディーズ・シリーズが大成功したのに気をよくしたクライヴ・デイヴィス親分が、バリー・マニロウにこのカバー集の企画を提案。バリーは乗り気ではなかったが、クライヴ・デイヴィスはもともと1970年代にバリーを成功に導いた人。この力関係では「提案」ではなく「命令」でしかないわけで。
このところベスト盤がやけに売れたりしていたのに加えて企画の良さ(?)もあって、バリーにとって約30年ぶりの全米No.1となった。「それみろ」といわんばかりのクライヴ、既に続編の60年代編の製作にとりかからせているらしいが。
それにしてもなんとベタな選曲の多いことか。「Unchained Melody」に「Are You Lonesome Tonight」に「All I Have To Do Is Dream」などなど当時の大ヒットポップスばかり。ロッド・スチュワートのようにジャジーで渋めの曲でアダルトな雰囲気を出すわけでもなく、どちらかというと当時のドリーミーでイノセントなポップスの雰囲気。それだけに、日頃50年代のオールディーズなんて聴かないという人にはちときついだろう。
バリー・マニロウは70年代後半には日本でもたいへんな人気があり、私より10歳ぐらい年上の「元洋楽リスナー」に当時好きだったアーティストを挙げさせると(とくに女性から)必ず名前が挙がる。そういう人たち用の作品かな。
posted by しんかい at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Oldies: オールディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

Bette Midler Sings The Peggy Lee Songbook / Bette Midler (#10, 05/11/12)


PeggyLeeSongbook.jpg

Sales: 55,000

前作はローズマリー・クルーニーのカバー集だったけど、今回はペギー・リー。しばらくこのシリーズを続けるのかな。
ペギー・リーというのは1940年代を中心に活躍したジャズ・シンガー。ってことは半世紀以上前の人なので、彼女の活躍をリアルタイムで知ってるのは相当な年寄りだけ。ベット・ミドラーだって別に全盛期を知ってるわけではないだろう。
しかしそこはジャズという音楽の魔力。古くさいどころか、今でも充分に「オシャレ」に聴ける。トロけそうな「Mr.Wonderful」や、シンプルなメロディが美しい「He's A Tramp」や「The Folks Who Live On The Hill」、キレのある「Fever」(これは50年代後半の曲だしマドンナがカバーしたりしてるので有名)など聴きどころは多い。ベット・ミドラーはもともと音楽スタイルが固定されている人ではないし、何と言っても大女優なので、雰囲気の演出は文句なしの一級品だ。
posted by しんかい at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Oldies: オールディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。