2006年01月07日

Duets / The Notorious B.I.G. (#3, 06/1/7)

Duets.jpg

Sales: 438,000
噂されていた疑似デュエットがついに登場。まあ想像通りと言うか。「デュエット」の相方として担ぎ出されているのは超豪華な面々で、まあそれだけでも買いだと言えなくもないが、トゥパック作品に続いて登場し、いつもとまっっっっっったく同じ曲を提供してライムの才能があれだけあるのに音楽の才能はひとっつもないことをまたしても露呈したエミネムを始め、どれもこれも決して出来は良くない。トゥパック、ビッグ・パン、果てはボブ・マーリーと、死人を引っぱり出し過ぎなのも如何なものかと。どうも全体にストリングスを使ったりしてダークな感じの曲が多いのは、重厚感を出して死人をリスペクトしようという思いの現れなのかもしれないが、アルバム全体が平坦になってしまう。多少なりともアップテンポなのはジェイZだけ、はっきりと躍動感があるのはP.ディディの曲だけだ。
彼の不幸は、トゥパックと比較されてしまうことだろう。トゥパックみたいに無尽蔵に質の高い曲を未発表のまま残して死ぬ奴なんて普通あり得ないわけで、ビギーの場合もろくでもない音源しか残っていない。どうにかそれをかき集めて死後に1枚アルバムが出たが、もうあと1枚出すだけのマテリアルは残っておらず、苦肉の策として曲の「断片」をかき集めて、ひとつの曲として仕上げるのに足りない部分は他のラッパーの力を借りてしまうことで、どうにかこのアルバムは作られた。ボツ音源として眠っていた割にはビギーのパートは案外悪くないが、やっぱりあまりにも継ぎ接ぎだらけのぎこちない作品だけに、聴いていても違和感ばかりが残る。これって要は「フランケンシュタイン」だよね?
posted by しんかい at 09:52| Comment(34) | TrackBack(0) | Hip Hop: イーストコースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Unpredictable / Jamie Foxx (#2, 06/1/7)

Unoredictable.jpg

Sales: 598,000
トゥイスタの「Slow Jamz」にフィーチャーされた時は、「あれ?こいつ、歌えるんだ」程度にしか思っていなかったが、その後映画「Ray」で大ブレイク。最近もカニエ・ウエストにフィーチャーされて大ヒット曲を出したばかりだった。なにで、本業が俳優さんの余興がこれだけの爆発的ヒットになってしまったのは、わからないでもない。
実際のところ、彼はしっかり歌える。「味」はないが、今どきのリスナーはそんなの求めてもいないだろう。参加ゲストにはラッパーが多いが、アルバム全体に貫かれるのはクラシックと言ってもいいぐらいの正統派R&B。そういう意味ではぜんぜんunpredictableではなく、すごーくpredictableな内容だ。俳優というのは、台本で指定された通りの演技をするのが仕事だ。音楽でも、クラシックでは「楽譜通りに歌う」ことを求められたりするが、我々に馴染み深いポピュラー音楽では、むしろ「譜面通り」よりもいかに一歩深い表現をするかがアーティストとしての懐の深さだったりする。譜面も、ルールも、「慣習」も気にせずにやりたい放題やり散らかすR.ケリーみたいなのが本当にunpredictableな存在であり、音楽の世界では魅力的な存在である。そういう意味でやっぱり本作でジェイミーは「俳優さんの余興」の域を脱しきれていない。
それでもメアリーJブライジとのデュエット曲なんかは、むしろ「ソウル」という表現を使いたくなる。スローな曲のほうが得意なようで、マイク・シティ作の「Get This Money」とか「Storm」、ブラマクみたいなピュアな雰囲気の自作曲「Heaven」あたりがいい感じ。
ちなみにこれは彼の歌手デビューアルバムではなく、94年に「Peep This」というアルバムを出している。
posted by しんかい at 09:51| Comment(16) | TrackBack(1) | R&B: メインストリームR&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Breakthrough / Mary J. Blige (#1, 06/1/7)

Breakthrough.jpg

Sales: 727,000
はー今年の年末商戦の目玉がコレですかー。とずいぶん拍子抜けしたもんだが。CDが売れない売れないって、売るほうにやる気がないだけだという私の昔からの持論がまたしても実証されたわけで。
メアリーJの新作は、そりゃまあある程度は放っておいても売れるだろう。しかし、「旬」でも何でもない人が70万枚のセールスってのはかつてなかったことだ。すごーく昇り調子にあるロックバンドとかアイドルとかがそのピーク付近でしか記録できない数字。CDが売れまくっていた時期の2000年〜2001年頃でさえ、66万以上の数字をあげたR&B系アーティストはいない(デスチャがベスト成績)。ましてやCDの売り上げが全体に落ちている2005年だけで見れば、50セント、カニエ、コールドプレイに次ぐ年間4位の好成績。ザ・ゲームやシステム・オブ・ア・ダウンやデヴマやエミネムやマドンナよりも売れているのだ。これは、ふだんはあんまりCDとか買わない人たちがホリデーシーズンの買い物でCDを買っていくこの時期特有の現象は今年も起きているものの、買うべきものがないので、数少ないアイテムにその人気が集中して、「売れるべき数」以上に売れてしまった、というのがメアリーJとジェイミー・フォックスだろう。
と、ようやく中身の話題に入るが、まあ確かにここ数作よりはいい出来だ。楽曲のクオリティにも歌声にもまったく勢いの衰えはないし、彼女の得意な、陰気で辛気くさい曲は比較的少ない(結婚後まだ日が浅いから?)。かつては"Queen of Hip-Hop Soul"などと呼ばれた彼女のこと、ジェイZを迎えたり、ザ・ゲームが「Hate It Or Love It」で使ったトラックをまんま借用したり(彼女のキャリアを駆け足で追いかけるようで楽しい曲)、ヒップホップ色もちゃんとキープされている。でもそんなにすごくいいアルバムと言うほどのものでもないんだけどな。
あと、U2を迎えての「One」のカバー(ライヴ音源)なんてのが登場したのはガックリした。レア音源ではあるんだけど、王道R&Bアルバムの中では完全に浮いてて、このアルバムにわざわざ入れる意味がわからない。というかラスト付近をこういうので締められると不快でさえある。(国によってボーナストラックが異なるのだが、アメリカ版ではこれがラスト?)
posted by しんかい at 09:51| Comment(13) | TrackBack(0) | R&B: メインストリームR&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

The Legend Of Johnny Cash (#10, 05/12/31)

LegendOfJohnnyCash.jpg

Sales: 154,000
初登場ではなく、チャートイン8週目でトップ10入り。ジョニー・キャッシュのベスト盤なんて別に珍しくもないし最近だけでも何種類か出ているのだが、今回これがヒットしたのはキャッシュの伝記映画「Walk The Line」がヒットしてるのに便乗した形。要は、この時期にベスト盤を出していれば、この選曲じゃなくれも売れただろう、という程度のもの。敢えて本人の歌にあわせた口パクではなく、俳優(ホアキン・フェニックス、ジューン・カーター役としてリース・ウィザースプーン)が実際に歌っている映画のほうも頑張っているので、サントラ「Walk The Line」もお薦め。初心者はまずサントラを聴いて「けっこういいじゃん」と乗りかけ、その後ジョニー・キャッシュの本物バージョンを聴いて、あーやっぱりホンモノはすげえなあ、となるのが理想型。そういう意味では別にこのベスト盤である必然性はないので、他にもいくつか挙げておこう。本作は1枚にコンパクトにまとまってるのがいい点かな。
The Legend : 同じタイトルなのでややこしいが、これは05年の夏に出たボックスセット、100曲以上入っててamazon価格なら6000円台なのでお得度はもっとも高い。これはtoo muchであれば、
The Essential : これは2枚組。同じ2枚組でThe Legendary Johnny Cashってのもあるけど、これはMercury時代限定のものなので安いけどあまりお薦めしない。
posted by しんかい at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Country: 親父カントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Real Thing / Bo Bice (#4, 05/12/31)

TheRealThing.jpg

Sales: 227,000
ボ・バイスという名前の響きはなんか妙に違和感があるな。ボ・ディドリー、bo以来のボか。ケリー・クラークソン、キャリー・アンダーウッドとともにアメリカン・アイドル出身者。アメ・アイの中でひとり長髪にベルボトムでサザン・ロックをやってしまうような強烈な勘違い野郎で、オーディションを勝ち進んでいったのも賛否両論だったらしいが。
ジョン・ボンジョヴィ&リッチー・サンボラ(ボンジョヴィ)やチャド・クルーガー(ニッケルバック)が手を貸している、といえばどんな音か想像がつくだろう。ばりばりのサザンロックやってれば少しは好感をもってあげたのに、王道ポップ・ハードロックでした。ま、これでサザンロックやってもケニー・ウェイン・シェパードのB級品と言われるだけか。ややハスキーなボーカルは曲によって色んな人に似てるように聞こえて個性はまったくない。まあ可もなく不可もなく、というレベルであって、別に「不可」というわけではない。(←なんて冷たいレビューだ...)
posted by しんかい at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock: メインストリーム・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

See You On The Other Side / KoRn (#3, 05/12/24)

SeeYouOnTheOtherSide.jpg

Sales: 220,000
まあだいたいこの手のバンドのピークは3年ぐらいなわけで、彼らだけが例外的にいつまでもスゴい作品を出し続けてくれるんだなどと勝手な期待をしてはいけないのだが、一時期のカリスマ性は凄いものがあっただけに、こういう姿になってしまった彼らを見るのは辛いものがある。
ベスト盤を出して一区切りついて、ギタリストが脱退して、やってる音楽が決して時代の主流の音ではなくなり、彼らにとって厳しい環境の中でリリースされた作品。もうやることはやり尽くしてしまっており、このアルバムには何一つ目新しいところはない。ただ、それにしては頑張ってる、と評価すべき作品でもある。「なんか聴いたことがあるような曲」が並ぶのは事実だが、出来は悪くない。半分以上の曲でマトリックス(アヴリル・ラヴィーンやらヒラリー・ダフやらを手がけてきてる、あのマトリックス)が絡んでるという情報は悪夢のようだが、実は聴いてみて違和感はない。ファンキーな「Liar」では「Life Is Peachy」の頃のあの咆哮まで聴かせてくれる!
普通ならぐっと落ち目になって解散してもおかしくないタイミングだが、22万も売れて3位というのは充分に支持されてると言える数字だし、リンプ・ビズキットの急激な飽きられ方と比べると、KoRnってのは忠実なファンをたくさん持ったバンドなんだなーと思う。それにしてもジャケはキモい。
なお日本盤は「セキュアCD」なるプロテクトがかけられており、MacやiPodで再生できない(公称)のはもちろん、普通のCDプレイヤーでも再生できなかったという報告も中にはあるので要注意。
posted by しんかい at 16:49| Comment(0) | TrackBack(2) | Rock: オルタナティヴ・メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Carter II / Lil' Wayne (#2, 05/12/24)

Carter2.jpg

Sales: 240,000
リル・ウェインの5作目。キャッシュ・マネーというレーベル自体にはすっかり勢いはなくなっているものの、出せばコンスタントに売れてしまうのはやはり昔から私が評してきた通り、No Limitとは違って品質がしっかりしているからだろう。
子供の頃からとにかく汚い言葉使いまくりで、しかし天才的なライム・センスを見せてきたリル・ウェインは、まるでジャングルの中で発見された、猿のように走り回る野生児のような衝撃を文明人に与えた。こういう天才児は年を取るとだんだん普通になっていってしまうのが常で、リル・ウェインも昔ほどの衝撃的な存在ではなくなっている。しかしダーティ・サウスっぽい粘っこい語り口は今でも個性的で、少し大人になったおかげでスムースR&B風の「Grown Man」みたいな曲ができるようになり、芸風は確実に広がった。以前からのキャッシュ・マネー・ファンにとっては、「マニー・フレッシュがプロデュースしていない」という情報を聞いてしまうと即、聴く価値のない作品に思えてしまうが、実は大人になったリル・ウェインのスタートの一歩として、かなり評価できる内容に仕上がっている。
今までの彼からは想像できないようなシックなジャケも単なるポーズではなく、それなりにちゃんと中身の雰囲気を表現している。大人になったんならもう「Lil」じゃないだろという話もあるが、彼は若いだけじゃなくチビだからそう呼ばれていたわけで、別に大人になったところで改名の必要はない。
決してヒップホップ界での注目度が高まっているとは言えないこの時期になって自己最高位を記録してしまったのは前作から「Go D.J.」が、本作からはやや小粒ながら「Fireman」がヒットしたおかげか。でも「Fireman」よりいい曲がアルバムの半分以上はあるな。
posted by しんかい at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Hip Hop: ダーティ・サウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Curtain Call: The Hits / Eminem (#1, 05/12/24)

CurtainCall.jpg

Sales: 441,000
まあベスト盤ということで、特に中身がどうこうではないのだが。
もしこれで噂どおり本当に引退するのなら、スゴいと思う。短い活動期間に一気に出すものを出しまくり、飽きられて捨てられるるギリギリのところまで踏ん張り、ここでスパっと引退できれば、ハタから見てる分には実に美しい幕引きだ。
だいたい彼には、もう表現したいことがないんじゃないか、というのがここ数作を聴いてきての感想だ。母親にしろ娘にしろ奥さんにしろ、もう彼の家庭問題は聴き飽きた。感情をそのまま吐き出し、私生活を暴露し、「リアル」なキャラを売りにしてきているだけに、ネタが尽きるのは早い。また、彼の作る曲は1曲1曲の密度が濃く、ドラマ性もストーリーもアイデアもいっぱい詰めてしまっているだけに、それだけのクオリティの作品を量産するのには限界がある。
ライミングは相変わらず超一流で、失うには惜しい才能だが、ここで引退して「伝説」になっておくのは、彼にとっても正解なのかもしれない。引退って言ったってどうせ我慢できないですぐ復活するよ、とみんなが言ってたジェイZも案外頑張ってるしね。
しかしこのアルバム、ラストが「Stan」のエルトン・ジョンとのグラミーでの共演ライヴバージョンで締められるという構成はいただけない。音源として貴重ではあるのだが、「When I'm Gone」でしんみりと締めた後に、よりによってこんなのを入れなくても。エミネムらしく「The Real Slim Shady」とかで人を馬鹿にした終わり方をするとかして欲しかった。まあタイトルが「Best Of」ではなく、「Hits」だというところがミソか。コミカルさと狂気を漂わせつつ、娘を溺愛し、赤ちゃん言葉を交えてラップするという、彼のクリエイティビティが最高の形で発揮された、「Stan」に並ぶ名曲「'97 Bonnie And Clyde」とか入れて欲しかったなあ。
posted by しんかい at 16:47| Comment(3) | TrackBack(0) | Hip Hop: イーストコースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

Oral Fixation Vol.2 / Shakira (#5, 05/12/17)

OralFixation2.jpg

Sales: 128,000
シャキーラは前から大好きだった。ところが、日本も含め世界的にブレイクした「Laundry Service」以降はどうにも好きになれない。別にあまのじゃくでそう言ってるんじゃなくて、明らかに作品の質が下がっている。彼女の作品はアルバムに何曲か印象に残る曲がある、という程度ではなかった。アルバムのすべての曲が印象的なメロディで彩られ、躍動感に満ち、生命というかエネルギーが溢れ出てくるような、すばらしい作品だった。セカンドアルバム「Donde Estan Los Ladrones ?」の再来を待ちわびる身としては、最近の彼女の作品には落胆させられてばかりだ。やっぱりアメリカを中心とする「業界」の連中が入り込んできて、彼ら好みの売れ線の音にさせてしまったのが決定的な敗因だ。そういう文化の中で生まれ、育ってきたケリー・クラークソンならそういう音でも輝くだろうが、シャキーラはまったく違う文化で生まれ、まったく違う種類の輝きを持っているのに。
当たり障りのないアメリカ風のポップ・ロックが並ぶこの作品は、半年前のスペイン語アルバム「Fijacion Oral Vol.1」の続編に位置づけられた英語アルバム。けっこうダウン・トゥ・アースな雰囲気のロック調の曲が続き、彼女を「ダンス」という括りに入れている人が聴けば地味さに戸惑うだろう。それなりに品質の高い曲が並ぶので、なんで私がこんなに悪口を言うのかと不満に思う人もいるかもしれないが、そういう人はぜひセカンドアルバム「Donde Estan〜」を聴いて、シャキーラのソングライターとしての、パフォーマーとしての本当の実力を思い知って欲しい。
posted by しんかい at 16:44| Comment(0) | TrackBack(1) | Pops: ポップ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chris Brown / Chris Brown (#2, 05/12/17)

ChrisBrown.jpg

少年声のR&B。歌は巧いけど、こりゃアッシャーだなあ。売れ線を狙えば狙うほど、この分野のトップスターであるアッシャーに似てしまうのはしょうがないんだけど、「アッシャーっぽいんだけどアッシャーほどではない」というのはやはり寂しい。デビュー曲にして全米No.1の「Run It!」も「Yeah」の焼き直しぐらいにしか思えないし。
と、プロダクションにはもうひと頑張りして欲しかったところだが、16歳のクリス君は頑張っていて、この安定した歌の巧さはなかなか見事。
うーん。洗濯しながら、これ以上このアルバムをどう評するべきかずっと考えていたのだが、何も思いつかない。そのぐらい普通のアルバムだ。歌の巧い少年が歌う今ドキのR&B。別にそれ以上深いものを求めるつもりはない、というぐらいの軽い気持ちで聴けば、まあOKか。
posted by しんかい at 00:24| Comment(4) | TrackBack(1) | R&B: メインストリームR&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。